東京麻雀記(後半)

前回に引き続き東京での麻雀オフのネタを書きます鮎川です。

前半の4試合全て2着で終わった自分。なんかこのままオール2位で終わるんじゃね。って思い始めました。

後半の部は参加自由型のフリー卓。
参加プロやゲスト(主に天鳳位の方達)が最初から固定卓に入っており、打ちたい方と同卓できるシステムでした。
最初の試合では協会の比嘉プロと同卓。この方は天鳳ではかなり有名なお方です。
東パツの親は3900横移動であっさり終了。東2はぶっちゃけ忘れた(笑)東3の比嘉プロの親番で2着目で平和ドラドラテンパイ。
普通ならリーチですが、ここで3900をあがるとオーラスがかなり楽になるのは覚えてたのでダマにしてたら比嘉さんからリーチ。

天鳳ルールなら2着目ならほぼ降り得なんですが、あえてモギリー。案の定競り負けた上12000放銃で遂にラスに陥落。
オーラスもかなり苦しい牌姿で1300・2600で3位だがそれすらほぼ無理でラス覚悟してたら終盤で3着目から比嘉さんがチートイドラドラの6400あがり。
奇跡のラス回避で終えることができました。
素点の関係ないこのルールで比嘉さんは6~7万点を叩き出していたので終わった時の挨拶で「リーグ戦で出してくださいよw」って皮肉を言っておきましたw

最後の試合は第3代目天鳳位の独歩さん。
この試合、今までで1番何もできなかったですwというか独歩さんが上手に打ち回して終始独歩さんのターンだった。
ラス親も何もできず強烈な仕掛けに対面から入りノーテン終了。3位。

今回のルールは前回も説明した通りラス回避特化のルールでスタートが24点持ちの1位+2、2位+1、3位0、4位-3という感じでした。
自分は2位4回、と3位2回なので+4点ですが、ゲストをラスにしたら運営から更に1位+2点、2位+1点もらえるので1点追加で計29点でした。
で、入賞が30点と1点足りずでした。トップ取れそうな試合がけっこうあっただけに残念。ちなみに優勝は35点で2名いました。
何もないかと思ってたけど、ラス回避ルールなのでノーラス賞をもらいました。ラッキー! というか比嘉さんありがとう!(後でお礼言いましたw)

閉会式では鹿児島から持ってきたお土産のかすたどんとさつまどりサブレを運営の方々が入口に並べてくださり、僕のこともついでに紹介してくれました。
その際福地先生がかすたどんを毒味(?)してくれて「普通に美味しい」というありがたいお言葉をいただきました。
終わった後にも色んな方から美味しいって言われたので持っていった甲斐があったなって思いました。

この後にも2次会やらなんやらあり(そこは省きます)とても楽しい東京になりました。また11月くらいに今度はMJオフがあると思うので
旅打ち日記をまた書こうと思います。 なお東京から帰ってからの麻雀で全敗してるのはここだけの話。 それではまた~

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ