【休みます】

「ねえねえおにいちゃん実験教えてー」

お世話になっております。
今週でフィギュアネタを書き尽くして、
これからは麻雀ネタやおすすめアニメネタなどにシフトチェンジしていこうと思ったのですが、
今週は面接やら調査の手伝いやら高校生の遺伝子実験の補助やら月例会などと予定が詰まっており、
書くのは無理くさいです。
あのブログ、書くのに意外と時間かかるのですよね、、、
その割に面白くなったわけでもないってのがまた辛いところ。
来週からは少しは落ち着くと思うので、それから書きます。

そして宣伝!
来る7月20日
なんと、遥か遠く山口県からお客様がいらっしゃいます。
麻雀サークル「打我家」というグループの方々です。
実は鹿児島でもカゴジャンという名前のサークルがあるんですが、知ってますか?
当日はちくりんが誇る宮前店長がドヤ顔で解説をします!(顔はあんまりうつらないんですけどね)
気になる方は店内にポスターも貼ってありますので、店長や主任に聞いてみてください。
これを機にメンバーが増えたらいいな。

最後に大好きなアニメ「夏目友人帳」の聖地巡礼に行った時の写真を適当に貼ってお別れします。
夏目友人帳とは?
妖怪が見える青年、夏目貴志と周囲に暮らす妖怪とのお話。
貴志は小さい子ころ、妖怪が見えることにより、親戚やクラスメイトから煙たがれていました。
そんな境遇にもかかわらず、周囲の妖怪たちを助けたりして日々を過ごしていました。
そんなある日、祖母夏目玲子の遺品を整理していると、一冊の本を発見しました。
それは友人帳と呼ばれるもので、この一冊があれば妖怪を従えることができるとかなんとか。
それからいろいろあってしゃべるデブ猫をペットにしたとこから物語は始まります。
ほぼほぼ一話完結型なんでどこから見ても大体の話はわかります。
私は毎話毎話涙なしでは見られませんでした。
ていうか、内容も素晴らしいけども、エンディングの入り方がずるいんですよ。
夏目友人帳は何周したか覚えていないくらい見たので、タイトルだけをみれば大体の話を思い出します。
感動シーンとかあれば、そのシーンが流れる前に頭の中で再生されてしまうのでフライング号泣できます。

ちっ、しゃーねーなーおすすめの話を毎期ごとにあげてくZe
てぇけら
きゅっきゅきゅきゅっきゅー
一期 二話 露神の祠
ああああああああ
一期はいい話おおすぎんだよおおおおおおおおおおおおおおお
露神様の話はもうね、神様と人間のすれ違いが切ない
やばい
二期 六話から七話
ヒロイン登場
たきという名前で、おじいちゃんが妖怪の研究をしていたので、おまじないなどには詳しいです。
夏目の理解者
たきちゃんぺろぺろ
三期 十二話 帰る場所
これについては個人的な感情がこもったために三期のなかでは一位
出てくる妖怪についてはちょっと怖めなのですが、藤原夫妻との出会いが描かれているのでベストオブ三期
貴志のこれまでを振り返ると決して幸せだとは言えないけど、藤原夫妻との出会い
そこで出会った仲間によって今までの不幸をぶち壊すくらい幸せな時間を過ごしていると思うのです。本当は5話とか10話も大好き。
四期 十三話 遠き家路
これは十一話から続いている感じのお話だったとおもいます(ちょっと本編見返した)
夏目が幼少期を父と過ごした家を訪問する話
家に着くまでにいろいろあり、到着したらなんか俺まで懐かしさを覚える
しかもにゃんこ先生空気読み過ぎてやばい
あんま細かいシーン覚えてなかったです
とまあ、こんな素晴らしいアニメがなんと!熊本県の人吉市が舞台だったのですよ。
これは巡礼するしかないっしょ。

こちらは田町菅原天満宮(たまちすがわらてんまんぐう)
DSC_0369
アニメ二期のオープニングに登場する神社です。
非常に小さな神社で、全国各地から巡礼者が立ち寄っているみたいです。
こちらは神社にかかっていた絵馬です。
DSC_0370

次は大畑駅(おこばえき)
DSC_0373
ここはすごく遠かった印象があります。
険しい山の中にあり、こんなとこ電車通ってんのかよ、、、、とぶつぶつ言いながら運転したのはいい思い出
この駅に名刺をはると出世するなどの噂も立っているそうです。
こちらの中にも絵馬がたくさん飾ってあり、名刺も貼ってあったため、写真は無しにします。
ここの周辺には夏目友人帳のお話のモデルとなった神様が祀られている祠などもあるみたいです。
かなりバタバタして巡礼したので全部は回り切れませんでした。
人吉駅なども夏目友人帳推しで面白かったです。
駅員さんはアニメをみたことが無いとおっしゃっていたので、ぜひ見て欲しいです。
結局長くなってしまった、、、、麻雀ネタを書くときはすごく悩むものなのですが、
アニメネタを書くときはすらすらと指が動きます。
これからもアニメネタは書きます(キリリッ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ