あの頃は若かった・・・ 色んな意味で

6年前の8月4日は24歳だったあゆです。
何の話かというと、6年前の8月4日は初めて大きな麻雀大会に出た日であり、フリーで初めてプロと打った日でもあります。
その時の日記を懐かしく読み返してたら、信じられない一文がありましたので抜粋して貼ります

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東1局。親。ドラ1

二二23344赤567789の258待ち。
この時点で58は1枚スルー、ソウズツモで染めに走ると決めてました。

下家から5が出て当然スルー。
次順プロから2が出たので5800あがりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いやいやいやいやww6年前の俺よ、それはさすがにリーチしろよw
何ドヤ顔で見逃してプロから恥ずかしいあがりしてるんだw
百歩譲ってリーチ打たないならいっそのこと2sをチーして2m234赤567789s チー234 
の1シャンテン戻しの方が一貫性あって良くないですか6年前の俺よ。正直後手とは思うけど形も打点も充分だし。

ちなみに上記の牌姿ですが、東パツで親っていう状況を考えると巡目が書いてませんが、リーチが正着打と思います。
もちろん6年前の僕のように染めたくなる気持ちは充分わかるし、僕も正直染め好きなので染めたいですが、
親で打点も形も充分だし、曲げても染めた時と同様の6000オールになりえるし、なによりもこの恵まれた手を染めに走ったせいで他家に蹴られるのは1番避けたいと思います。

ちなみにこの5800あがりの後は色々放銃して東4の時点で3900になりましたw
が、プロの親番で7種7牌から国士をツモあがる辺り、僕は相当持ってる人なんだなと当時の日記を見てしみじみ思いますw

こういう日記を見ると、自分の雀力が昔よりあがってるんだなって皮肉にも実感できちゃいますね。
その日記の前後付近の日記も今見ると恥ずかしい内容ばかりなので、消去したいですが、自分の戒めのために大事に取っておきます

また面白い日記があったら自虐ネタで使おうかなと思いますw それではまた~

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ