お久しぶりです、宮前です!

どーも、宮前です。
最近、麻雀楽しんでますか?

今回は麻雀用語の由来について書こうと思います。
皆さん『本場』という言葉はもちろん知ってますよね?
1本場、2本場というように親の連荘の回数に応じて、点数とは別に
もらえる得点ですが、現行ルールでは1本場300点が主流ですね。
当店のルールも4麻に関してですが、1本場300点です。

元来、この『本場』は「連荘している親をこれ以上アガらせない、連荘阻止の懸賞金」
から生まれた決まりだったそうです。
子は連荘している親に対し連荘阻止を宣言し、100符を出す。
この申し出を親は拒否できません。そして、子が宣言通り連荘を止めれば
親から100符をもらえ、阻止できなければ親に100符を没収されました。
100符という点数は、現在の300点に比べかなり高いですよね。
上限は1本場につき100符となっており、本場が増えればそれだけ賭けられるので、
一発逆転を試みる良い機会でもあったようです。
この後は、子の申し出が無くても連荘時のアガりに積み場を付けて支払うように
なったそうです。
初期の頃は、1本場でツモったら全員から100符ずつ加算、ロンの時は放銃者のみ
100符加算というように「ツモ得」だったそうです。
そしていろいろ手が加えられて、今の点数になったそうです。
初期に比べ、現在の「本場」というものは、だいぶオマケ的な存在になっていますね。

という事が、麻雀検定の本に書いてありました。
既にご存じだった方は、すみません・・・。

ただ、麻雀を打つだけでなくこういう知識も増やしていってはいかがですか?
ちなみに、当店の待ち席にもこういう冊子用意してありますので、
お待ちになる間、休憩等で読んでみてください。

長々となりましたが、読んでいただきありがとうございました。

では、また!!

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ