MJとの出会い 最終章

こんにちは。MJ推しにも関わらずここ最近全くプレイできていないまあ坊こと鮎川です。

今日はちょっと前に書いていたMJとの出会いシリーズの最後の話を書こうと思います。
そんなの見たことないって方はよろしかったら1と2もご覧ください。

MJに出会ったおかげで麻雀にはまったのは間違いないですが、鹿児島のMJプレイヤーと知り合ったことも自分の雀力向上に大きかったです。
自分の打ち方を見てくれることで自分では気付けなかったところを指摘してもらえますし、当時の自分の雀力を考えると(自分より)上手い人ばかりでしたので新しい発見がいっぱいありました。

名前は伏せますが、鹿児島のMJプレイヤーと接するようになったきっかけはTさんとOさんのおかげです。
その2人と仲良くなってから2人に色んな人を紹介してもらえたので。

専門学生の頃は段位止まりだった僕もたくさんの人と知り合ったこと、自分で勉強して上達したおかげで今は「鬼神」クラスという鹿児島でも数人しかいないレベルまで昇ることができました。
上記の鬼神をはじめ、飛龍や帝王等といった通称「称号クラス」に十段からあがった時は本当に嬉しかったです。

最初に書いた通り最近はあまりMJ自体はプレイできていないですが、今でもたくさんのMJプレイヤーとの交流は続けてますし、その人達と普通に麻雀を打ったりしています。
MJだけに限らず色んな面で人と人の繋がりというか交流は本当に大切だなって思いました。

これで一旦MJの話は終わります。
一旦と書いてあるのは今後久々にMJをプレイしてネタになりそうなことがあったら書こうとは思います。
ではまた来週~ 全部読んでくれた皆さんありがとうございました

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ