MJとの出会い①

ここ最近雨に濡れながらも毎日頑張って原付で出勤しているあゆあゆこと鮎川です

今日は前々から告知していたMJについて書こうと思います。

 

MJをご存じでない方もいるかと思うので、簡単に説明すると、MJはゲーセンで遊べる全国オンライン対戦できる麻雀ゲームです。

鹿児島のMJが設置してあるゲーセンでなら南は沖縄、北は北海道のプレイヤーと麻雀が対戦可能です。

基本は100円で1プレイ。トップさえ取れば次も継続して遊べ、2位以下の場合はコンティニューで100円必要って感じです。

 

MJと出会ったのは専門学生になったばかりの頃、友達がいなくてふらっとゲーセンに入って見つけました。

当時の僕の麻雀は符計算ができないはもちろんのこと、混老頭や三槓子等知らない役もけっこうあるくらいの初心者レベルでしたが、麻雀自体は割と好きだったので試しに遊んでみました。

MJにはまった理由を先に書くと、演出(エフェクト)に物凄く魅力を感じました。

放銃すると当たり牌に稲妻が落ちたり、あがるときに出てくる自分の右手(その演出が出たらツモ確定)

当時まだ若造だった僕はそんな演出で感動したりはしゃいだりしてました。

 

最初はメンバーズカードを作らずゲストプレイ(段位も何も残せずプレイできるだけ)で遊んでいましたが、やる頻度が格段に増えた頃に「どうせずっと遊ぶなら」ということで段位とか戦績が残せるメンバーズカードを作りました。

そしてカードを作って段位戦績や打ち筋のデータが残るようになってから俺の麻雀観が一気に変わりました。これ以前までは遊ぶだけで楽しかったけど、もっと段位をあげたい、いい成績を残したいと思うようになりました。要するに麻雀が強くなりたいと本気で思い出したのがこの頃でした。

 

今日はプロローグって感じでここまでにしようと思います。

次回もMJネタで会いましょう。MJなんて興味ないわ!って方はすいません(笑)

 

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ