東京麻雀記(後半)

前回に引き続き東京での麻雀オフのネタを書きます鮎川です。

前半の4試合全て2着で終わった自分。なんかこのままオール2位で終わるんじゃね。って思い始めました。

後半の部は参加自由型のフリー卓。
参加プロやゲスト(主に天鳳位の方達)が最初から固定卓に入っており、打ちたい方と同卓できるシステムでした。
最初の試合では協会の比嘉プロと同卓。この方は天鳳ではかなり有名なお方です。
東パツの親は3900横移動であっさり終了。東2はぶっちゃけ忘れた(笑)東3の比嘉プロの親番で2着目で平和ドラドラテンパイ。
普通ならリーチですが、ここで3900をあがるとオーラスがかなり楽になるのは覚えてたのでダマにしてたら比嘉さんからリーチ。

天鳳ルールなら2着目ならほぼ降り得なんですが、あえてモギリー。案の定競り負けた上12000放銃で遂にラスに陥落。
オーラスもかなり苦しい牌姿で1300・2600で3位だがそれすらほぼ無理でラス覚悟してたら終盤で3着目から比嘉さんがチートイドラドラの6400あがり。
奇跡のラス回避で終えることができました。
素点の関係ないこのルールで比嘉さんは6~7万点を叩き出していたので終わった時の挨拶で「リーグ戦で出してくださいよw」って皮肉を言っておきましたw

最後の試合は第3代目天鳳位の独歩さん。
この試合、今までで1番何もできなかったですwというか独歩さんが上手に打ち回して終始独歩さんのターンだった。
ラス親も何もできず強烈な仕掛けに対面から入りノーテン終了。3位。

今回のルールは前回も説明した通りラス回避特化のルールでスタートが24点持ちの1位+2、2位+1、3位0、4位-3という感じでした。
自分は2位4回、と3位2回なので+4点ですが、ゲストをラスにしたら運営から更に1位+2点、2位+1点もらえるので1点追加で計29点でした。
で、入賞が30点と1点足りずでした。トップ取れそうな試合がけっこうあっただけに残念。ちなみに優勝は35点で2名いました。
何もないかと思ってたけど、ラス回避ルールなのでノーラス賞をもらいました。ラッキー! というか比嘉さんありがとう!(後でお礼言いましたw)

閉会式では鹿児島から持ってきたお土産のかすたどんとさつまどりサブレを運営の方々が入口に並べてくださり、僕のこともついでに紹介してくれました。
その際福地先生がかすたどんを毒味(?)してくれて「普通に美味しい」というありがたいお言葉をいただきました。
終わった後にも色んな方から美味しいって言われたので持っていった甲斐があったなって思いました。

この後にも2次会やらなんやらあり(そこは省きます)とても楽しい東京になりました。また11月くらいに今度はMJオフがあると思うので
旅打ち日記をまた書こうと思います。 なお東京から帰ってからの麻雀で全敗してるのはここだけの話。 それではまた~

タグ

2014年9月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフ

東京麻雀記(天鳳オフ)

東京から帰ってきてからの麻雀が連日連敗中の鮎川です

今日は前回の日記でも書いた東京の麻雀オフネタを書こうと思います。
オフ会当日はかなり時間ギリギリで僕が会場に着いた時は既に開会式が始まっていて人が予想以上に多い中遅れて入ったので恥ずかしかったです・・・

開会式では著名人や天鳳では有名な人達が喋ってました。福地先生や小林剛プロ辺りは皆さんもご存じではないかと思います。

当日のルールはベースが天鳳ルールで東風4回戦を番号通りの決まった面子で行いました(それ以降はフリー対局)

1回戦。お店の入口のポスターにある「りんしゃん!」の米崎奈棋プロと同卓。普通に可愛かったです。
オーラスまでは米崎プロが無双状態で断トツ。自分はあがらず振らずで2位だけど、どっかに放銃するとラスにもなる点数状況。
天鳳ルールはラスが痛いルールなので、この日の大会もラスがかなり痛いルールでした。
ラス親を始めた直後に時間切れになったので自分があがろうともこの局で終了。タンヤオドラ3がほぼ確定する手牌だったんですが、米崎プロが断トツすぎてほぼほぼ2位止まり。
そんな中、ラス目からリーチがかかりました。ドラの見え方的に多分満貫はないと思うけど、裏次第では満貫被りラスがあるので全押し。片あがりの6pをツモって2位でした。

この試合に限らずラスが痛いルールとはいえ、せっかくの大会なので全試合ラス回避ではなく少しでもトップを目指す打ち方をして楽しもうと思ってました。
要するに天鳳ではほぼ降りる局面でも、今日は普段の麻雀での押し引きをしようという感じです。

2回戦。東パツ親番で18000をあがる。更にその1本場で18000を振った方が8300放銃。トップやー!って思ったらまさかのトビなし。
天鳳ではトビあるのに・・・。まぁ大会みたいなものだからしょうがないですね。
その後オーラスまで大きい失点をすることなく最初の18000を守りながら進めてきたんですが、ラス親にまさかのまくられ終了。またも2位。

3回戦。ラス前に絶好の勝負手タンヤオドラ4テンパイ。ここでポンしてた5pを持ってきて果敢に加カンしたら嶺上ツモで跳満。
オーラスに入ったら時間切れでラス親とは12300点差と4000オール条件に。ドラが微妙な牌だったので今回はもらったわ!って思ったらここでもラス親にまくられ・・・
またもや2位で3戦連続で2位終了。

4回戦。木原浩一プロと同卓。この方は天鳳でも有名な方で数少ない十段経験者。対面に座る方も天鳳で何回か同卓したことのある有名人だったのでかなり勝負所でした。
東3の親番で対面と上家から仕掛けが入る。回りに回った結果タンヤオチートイのドラ待ち(赤5p)を張るが上の仕掛けに初牌の東がかなり打ち辛かった(他の役牌はほぼ出たため)
でも降りる手でもないし、ドラを打つのはもっとありえないので東切りリーチをしたらなんと5p一発ツモで8000オール。ようやくトップやー!って正直思った。
何故なら対面と上家は親ないし、下家の木原さんは親はあるが10000点もないダンラスだし時間切れ濃厚だし。
はい。当然フラグでした。その一本場、俺のあがりに日がついたのか、東風では珍しい2局連続倍満ツモで親被り。この時5100点差だったと思う。
オーラス更に対面からリーチがかかる。正直5200あると思って役なしリャンメンで張っていたので追っかけリーチ。これがなんと2600放銃で自爆の2着。やってしまった・・。
なおこの放銃が対面の優勝を生むとはこの時のマサに知る由もなかった・・・

結局最初から決まっていた4戦は全て2着、しかも4戦中3戦がオーラスでまくられるというすごくもやもやする終わり方でした。
ここでしばらくの休憩を挟み、後半のフリー対局に続きます。なので僕の日記も後半に続こうと思います。それではまた~

タグ

2014年9月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフ

明日から

2泊3日で東京に行ってきます。鮎川です。

今回は(今回も?)麻雀メインの東京ですが、明日(14日)はネット麻雀で有名な天鳳のオフ会に参加してきます。
天鳳位(天鳳では頂点の段位)や天鳳を積極的にプレイしている有名なプロの方達も参加するのでとても楽しみにしてます。ちくりんの名に泥を塗らないよう頑張ってきます。

明後日は昔からの知人と数年ぶりに麻雀してきます。こちらはガチではなく和気藹々と楽しんできます。まぁ結局ガチで打つんですが(笑)

鹿児島に帰ってくる火曜日は特に予定はないので、時間に余裕があったらどっかフリーでも行ってこようかなと思ってます。結局麻雀かい!って突っ込まれそうですが、
普段とは違った面子と打つ麻雀はやはり気分転換にはなるし、レベルがわからない分新鮮で楽しいです。

東京の旅打ち報告はまた来週のブログで書こうと思います。それではまた来週~

タグ

2014年9月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタッフ

【第19回 青雀旗杯】全国大学対抗麻雀選手権大会

開催日
予選開催日・2014年10月19日 日 受付 午前11:30~ 開始12:00
本戦開催日・2014年11月16日 日 受付 午前11:00~ 開始12:00
※時間厳守でお願いします。
予選会場
まーじゃんひろば ちくりん
鹿児島市荒田2丁目41-10 TEL 099-250-8852
参加費
2000円
参加資格
一般大学(院生)・女子大学・短期大学・外国大学生・高専含む同一大学ペア2名で出場
ルール
半荘50分打切り・日本学生麻雀連盟競技規定(当日ルール説明あり)
競技方法
1大学2名(ペア)の半荘4回の合計点で順位を決定
大会について
※本戦への出場には学生証の提示が必要
※本戦へは参加出場費、交通費を全額補助

ご不明な点、参加申し込みは「まーじゃんひろば ちくりん」まで

この投稿の続きを読む »

タグ

2014年9月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お知らせ

このページの先頭へ